定額制リノベーションシステム Re-Rooms system リ・ルームス システム
Re-Rooms system リ・ルームス システム

コラム〜大分における賃貸の現状〜

時代と共に変化する賃貸経営 大分市人口及び世帯数の推移

賃貸経営の基本は、賃貸経営を行う市場での人口動態を読み取ることが必要です。

日本の人口は2030年に1億1,522万人、2046年には9,938万人、さらに2055年には8,993万人になると予測されています。

(国立社会保障・人口問題研究所の推計より)

 

では、大分市や別府市などの地方ではどうでしょうか。

大分県全体では減少傾向ですが、大分市だけに焦点を合わせると横ばいとなっています。

大分市のホームページでは、町単位や月毎の人口動態を確認することができますので定期的にチェックしましょう。

日本の人口は、確かに減少していきますが、今後は高齢化、離婚率の増加などにより2015年頃までには世帯数は増え続けると推計されています。

大分市でも、世帯数は平成20年と比較しても平成24年には、1.05倍と増え続けています。

ここで重要なポイントがひとつ。

それは、世帯数は増えているのに、世帯人口は減少しているということ。

このことは、1人暮らしや2人暮らしが増えたことを意味しています。

賃貸市場においては、必然的にファミリータイプの物件は余剰し、1人暮らしや2人暮らし用の物件が求められることになります。

人口動態からも今後の賃貸需要をしっかりと読み取ることが重要なのです。

民間賃貸住宅の空室数及び空室率の推移

データ1が示すとおり、世帯数は増え続けていると推計されていますが、ここでひと安心とはいきません、世帯数が増加したとしても、それを上回る勢いで新規の住宅供給が続いているのが現実です。

 

また、ライフスタイルの変化に伴い、価値観が多様化する中で、賃貸住宅に求められるものも変りつつあります。

入居者のニーズに耳を傾けず、何もせずして、空室が埋まるわけではないのです。

 

では、「空室対策」は何をすべきでしょうか。

シェア住宅や趣味に特化した賃貸住宅、ペット共生住宅、個性的(リノベーション)賃貸住宅、分譲住宅並みのグレードを備えた賃貸住宅など、その施策はさまざまです。

市場分析や地域特性を捉えた上で、その特性のメリット、デメリットなど、一通りの知識を備えておくことが重要となってきます。

トピックス
第6回不動産活用セミナー
コラム

時代と共に変化する賃貸経営。大分市の市場データなどをご紹介します。

大分における賃貸の現状
お部屋探しサイト

新・賃貸スタイル Re-Rooms navi。
デザイナーズリノベーション賃貸サイト。

Re-Rooms navi
運営会社

私たちが賃貸マンション・アパートオーナー様を全力でサポートいたします。

[株式会社ベツダイ 賃貸事業部]

Re-Rooms plaza舞鶴店
〒870-0044
大分市舞鶴町1丁目2-17
セゾン舞鶴1階
TEL 097-533-6000
FAX 097-533-2452

会社概要

ページトップへ

Copyright ©  BETSUDAI. All Rights Reserved.